2007年12月13日

小川洋子さんエッセイ2冊

小川洋子さんのエッセイ
「博士の本棚」


「犬のしっぽを撫でながら」


を図書館で借りてきて読みました。
エッセイはおおまかに小川さんらしく、「数学」「野球」「アンネフランク」「犬」な感じに分かれていて、もちろん、ここでおすすめしたいのが「犬」についてのエッセイです。

小川さんはラブラドールのラブくんと暮しているので、ついつい気になってしまうのです。(もちろん、第一に、小川洋子さんの小説のファンです。)

その中ですごく印象的だったのが、小川さんには息子さんがいて犬を飼ってよかったと思うことは、こどもが物言えぬ相手(犬)の気持ちをおもんばかることができるようになってよかった、と書いていたこと。
息子さんが、ラブが笑ってる、怒ってる、哀しいの...などなど言っている、でもどれも同じような顔にみえるって書いてました。
でもだから、犬と一緒に育つ子はきっと優しいんだねって私思いました。

それと、犬の散歩についてのエピソード。くんくん匂いばっかりかいで何が楽しいのやら...と思うのが飼い主ですが、小川さんはそんな犬の様子を、一生かけて探しているものがあるなんてうらやましい。そんなものがあるなら一生つきあってあげるから思う存分くんくんするがいい、っていうようなこと書いてました。
やっぱり小説家は違うなあ。
私なら、「ゆーちゃん!早く行こうっ。こんなにくんくんばっかりで立ち止まってたら運動にならないよー」って思うから。

最後に、小川さんとこのラブちゃんはそれはヤンチャでにぎやかであまり賢いとはいえず、それで病気もあるみたいで...。
長編小説を書きあげた自分に何かご褒美を思って、
小説の中だけでも、賢くて病気も治っちゃう犬にしたのが「偶然の祝福」という小説だそうです。この短編集は私の大好きな著作なのでおすすめです。


posted by エム at 16:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 犬の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月22日

「羊の国のラブラドール絵日記」




みなさーんもう買いましたか?ゆうさんのブログ
「羊の国のラブラドール絵日記」

ラブラドール姉弟のクロエちゃんとエビスくん。
クロエちゃんは夢子みたいだし、エビスくんはムギオみたいだし、
うちと同じー!!
って思って毎日楽しみにしているブログなんです。

ラブラドールって表情豊かで人間っぽい顔してるでしょう?
ゆうさんのイラストは、まさに表情豊かなんです。かわいいよー。
それにゆうさん独特のユーモアセンスがたまらんっ!
ラブラドールファンじゃあなくても、犬好きでなくても、きっと楽しめるブログ(&本)です。

以前にゆうさんに書いてもらったユメムギ

yumemugi.gif
(クリックすると大きく表示されます)

ユメムギそつくりでしょー。


本の中で紹介(本書p37)されていた犬用おやつ「ガリガリビスコッティ」を作ってみました。
1122-1.jpg

レシピやしつけのあれこれなんかも載っていて、なんだかお得な気分。



さらに、本書のおまけに携帯電話用のカレンダーや着受、アニメーションがついてきたのですが、携帯電話が古くて見たくても見ることができなーい。
クロエビファンとしては、とーーーっても悔しい思い。
携帯電話を変えようかと真剣に悩む私です。



posted by エム at 13:06| Comment(7) | TrackBack(0) | 犬の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

「フランダースの犬」




テレビアニメで有名な「フランダースの犬」!!

小さい頃テレビで見たのはこんなに不幸な話じゃあなかったはず...?
「フランダースの犬」ってよく最後のシーンが”号泣シーン”としてとりあげられるけれど、最後だけじゃあなくて最初から悲しすぎます。

ネロとパトラッシュはこの世でたった二人ぼっちになってしまいました。

っていう一行から始まるんですよー
もうこの一行だけで、ウルウルきませんか?

ひとりで読んでて、号泣状態でした。

アメリカではハッピーエンドに改変された版もあるそうですね。

でも、ひとつだけ幸せだって思うのは、パトラッシュとネロが一緒に天国に行けたこと。
どちらかでも残された方はとても悲しくなるから。
そこだけは、”救い”だなあって思いました。
posted by エム at 16:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 犬の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月10日

「どろんこハリー」



だれもが知ってる犬のお話。
小学校の教科書に載ってましたよねー!
私、このはなし大好きで、暇さえあれば教科書読んでました。えらいな。

お風呂のだいきらいなわんこがおうちを飛び出してどろんこになって帰ってきたら、「あんただれ?うちの子じゃあないわ」って言われてお風呂に入ったというはなし。

私ごとですけどね、小さいころ門限過ぎて帰ってきたら、じょっぴんかられてておうちに入れず、ピンポン鳴らしたら
「どこのお家の子?」って実の母に言われました。
「浜田○○」って自分の名前言ったら
「そういう名前の子、うちにはいないんだけど..」って母。
アイデンティティが崩れた瞬間でした。
自分は誰?ここはどこ?...
ひどい母ですが、子供を相手に女優気分だったそうです。

それはさておき、どろんこハリー読んだとき、おうちでわんこを飼ってみたいって真剣に思いました。
外犬飼っていたのですが、おうちの中で「どろんこハリー」の最後のページみたく、クッションの上で犬が寝てたらどんな素敵かなあって。
夢だなあって。

夢がかなった今、幸せですよ。

ほらね....

060510.jpg

posted by エム at 22:28| Comment(6) | TrackBack(0) | 犬の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

「Making Truck」




この本を「犬の本」って言ったら失礼かな、と思いつつ....

大阪にtruckって家具屋さんがあるのだけれど、その家具屋さんのことを知ったのはもう数年前のことで、インテリア雑誌にラブラドールと一緒に遊ぶ姿と素敵なおうち(古いビルを改装した様子)が写っていてねえ。
まさに私の「りそう的」だったんです。


この本を読んだら、その素敵な若い二人がtruckという家具屋さんを始めるまでとお店についてのコンセプトがかいてあるのですが、彼ら、犬4匹猫8匹とくらしているんですよ。そのうち看板犬のラブラドールbuddyくん以外はぜんぶ捨てられていたわんにゃんたち。
でね、大事な(でもって素敵な)ソファを破かれても、わんにゃんがいるから仕方ない、そこは繕うとまたいいカンジって書いてあってね。わんにゃんに対する並々ならぬ愛情を感じました。

truckのホームページにはbuddyくんがいっぱい♪

写真も素敵でねえ。
いつかここのFK sofaがほしい私です。
ここのご夫婦、料理研究家のケンタロウさんと仲良しで、ケンタロウさんのために作ったというFK sofa(For Kentarou Sofa)。
以前、ケンタロウさんが愛犬の黒ラブクロタロウくんと座っているのを雑誌で見て、そのひろびろフカフカとした感じがいいなあって。
私もユメムギとフカフカソファでごろりんしてウクレレでもひいていたいです。

そうそうちなみに、ケンタロウさんが飼っている黒ラブも保護犬みたいですね。
私、こういうおしゃれなのにファッションで犬や猫飼ってない人って本当にすばらしいと思います。


PS
FK sofaについて、
「ku:nel」19号 ケンタロウさんの記事
「lingkaran」5月号表紙(まさに、truck唐津さんです、この妊婦さん)
にて掲載されてます。


posted by エム at 14:08| Comment(6) | TrackBack(0) | 犬の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月23日

「ワンワンワン-捨て犬たちの小さなおはなし-」




かわいい絵なのに、シビアな内容だよー。
捨て犬が、どうして捨て犬になっちゃったのか...のエピソードだけでも切ないよ。
保健所の犬たちが新しいパータナーを見つける本当に短いお話の絵本です。
人間って勝手だね。
最後にはハッピーエンドですが、涙しちゃいますよ。

作者の坂崎千春さんはsuicaのペンギンや雑誌「ku:nel」のクウネルくんなんかが有名です。
きっと動物好きな方なんだと思います。
動物のイラストがかわいくて好きです。

もし本屋さんでこの本をみつけて、立ち読みなんてしようものなら要注意!
熱い涙が出て来ちゃいますから。

posted by エム at 23:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 犬の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月01日

Fleece Dog



愛犬の抜け毛は愛おしい。
ブラッシングで抜けた毛を手にとって、そのフワフワを楽しんだり、くるくる丸めてみたり、においをかいだり?はたまた頭にのっけてみたり、付けヒゲやもみあげにして遊んでみたり...
最後にはもったいないなーと名残惜しげに思って捨てています。
これを何かに利用できないものかー。
この毛を紡いでかわいいあみぐるみなんかにしてもらったらかわいいな♪と思ってネットで調べたらとっても高い!(1万円くらい)

やっぱり毛玉をくるくるしてポンポンを作る(みなくちなほこさんHP参照)くらいしか私にはできないのかなって思っていたのです
がっ...

この本!
「原毛と不思議な針だけで作る小さな犬」
犬の毛でも作れるそう。
早速キットと本を注文、そして3時間ほどツンツンと毛を針でつついた結果が、

これっ!!
posted by エム at 22:39| Comment(7) | TrackBack(0) | 犬の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

「大好きだるまー」




デザイナーのおしゃれな大橋歩さんは黒ラブだるまーと暮らしている。
きっと黒ラブとのお散歩でも靴下IN!などせずに、コムデギャルソンやzuccaなど着てお散歩してるに違いない。

でもね、でもね、いつだったか、雑誌に大橋さんがだるまーと出てたの。
もちろん、大橋さんのおうちはおしゃれだったけれど、植木鉢が全て金網でぐるりと保護されてました。
だるまーがかじったり、土を食べたり、ひっくりかえしたりするからだそうです。

あーやっぱり同じラブ飼いさんなんだって思いました。

そんなだるまーも白いものが目立ち始めたようで、愛しさもつのっているようです。
だるまーのことを書くときの大橋さんの目線はデザイナーではなくシンプルに犬飼いさんだ。
読んだらわかります。
posted by エム at 22:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 犬の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月21日

「偶然の祝福」




「博士の愛した数式」がベストセラーになって、映画化までされた小川洋子さん。
実は、ラブ飼いさんだ。

飼っているラブラドール、その名も「ラブ」くん。
ラブラドールは存いと思って飼ってみたら、いたずらばかり、なんでもかじる、ひっぱる、でもかわいい。と。
そんな小川さんが書いたこの小説に出てくるわんこはラブラドール。
そして、主人公は小説家で息子がひとり。
なので、小川さんの私小説風な小説っていえるかもしれません。
ひとつひとつの短編が幸福感に満ちています。
おうちでわんこの寝息を聴きながら読むのに最適。

☆小川さんのすてきなエッセイが岩波書店の小冊子「図書」2004.11(No.667)「私の大事なワープロ」にのっているので、ご紹介しますね。


posted by エム at 20:16| Comment(10) | TrackBack(1) | 犬の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月14日

「ばっちゃん-助けられた繁殖犬たち-」




「ばっちゃん-助けられた繁殖犬たち-」
小関左智写真/井上夕香文
小学館2000年


ペットブームで乱繁殖される犬たちの現実は本当にショッキングです。ボロボロになった純血統の犬たちの姿は本当に哀しすぎます。
はじめて、この本を動物病院で手にとって何気に読んで、涙ぼろぼろでした。

写真を撮った小関さんのサイトです。よく見て考えてほしいです。
posted by エム at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月15日

「手袋いぬと靴下ざる」





本屋さんで立ち読みしてたら、この本のp12にムギオ発見!!即購入。
シロさんのはき古しの黒い靴下で....
read more...
posted by エム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月26日

「しあわせな日々:カヌー犬・ガク写真集」




この写真集の犬ガクは犬じゃあなく人のように見えてくるから不思議。こんなふうに犬と対等になれたらすばらしいなと思います。
野田さんのガクに対するスタンスは、決してペットではなく、「同志」って感じです。
昨今でのペットブームにおいて、野田さんのように犬と暮らしている人は少ないんじゃあないかなあ。

野田さんは魚を釣って食べる、ガクは魚を捕らえて食べる。

そういうスタンスです。
posted by エム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。